梅津富士園を知る

全国的にもめずらしい保育園併設の特別養護老人ホームです。お年寄りの方と子ども達の交流も盛んに行われ、合同運動会や合同クリスマス会、お花見、紅葉ドライブ、買い物など、笑顔が溢れるイベントを年間通して開催しています。
緑豊な住宅地に位置し、施設の周りには、酒造と安産の神の梅宮大社、京都最古の神社の松尾大社があります。
少し足をのばすと、春は桜、秋は紅葉が覆う嵐山があり、交通の便も良く、地域との交流も盛んに行われています。

お年寄りの方々と子ども達が触れ合う環境が何より当園の魅力。ホームの窓越しから子どもたちの元気な姿が見え、笑い声があふれています。交流の機会が多いので、ご利用者様と園児両方に良い影響を与える相乗効果が期待されています。
また、地域のボランティアの方や地元小学校の生徒さん等、幼児から高齢者までたくさんの方々が来園し、地域に根差した開放的な施設ということも特徴です。少子高齢化が進んだ社会の中で、子ども達と高齢者の世代間交流の実現を目指しながら、ゆとりある生活を心がけています。

当園で働くうえで必要なのは「人が好き」であることです。ご利用者様に安心を提供するため、温かい心と素直さを持ち、素敵な笑顔でコミュニケーションをとることが大切。
その姿勢さえあれば、知識や資格が無い未経験者でも、十分に仕事を覚えられる組織体制があります。
入社後は先輩が1年を通してしっかり指導し、まずはできる所から、ゆっくりと学んでもらい、徐々に仕事を任せていきます。福祉を通して地域に貢献し、梅津富士園の未来を共に創っていきましょう。