先輩紹介

  • 河上 紗希
  • 久保田祐基
  • 森口 紗樹
  • 田中 舞

Case01-河上 紗希

河上 紗希

新人から『頼れる先輩』に
向かって成長中。

梅津富士園には多くのご利用者様がいらっしゃるので、一人ひとりのご要望にお応えしなければいけません。皆様それぞれが、どんな人なのか、しっかり把握することが大切。新人の頃は苦労しましたが、最近は少しずつ仕事に慣れてきているのを実感しています。感謝の言葉をいただく度に、「この仕事をしていて良かった」と感じます。
今年で3年目なので、先輩として、どのように後輩を導いていくかがこれからの課題です。後輩に信頼され、適切に指示を出すことができる先輩になるのが目標にがんばっています。

私は未経験から梅津富士園で働きながら介護を学び、ここまで成長することができました。まずは積極的な行動がポイント。私も先輩としてがんばりますので、未経験で迷っている方はぜひチャレンジしてください。

Case02-久保田祐基

久保田祐基

楽しく働き、
より良い施設づくりを目指す。

副主任を任されているので、介護はもちろん、事務仕事をしたり、会議に参加することもあります。どうすれば梅津富士園をより良くしていけるかを考えていますね。その分、ご利用者様に安心していただければ、とても嬉しいですし、その方の生活に良い影響を与えられたという自信にもつながります。私が9年間仕事を続けられた原動力です。
ご利用者様に本当に満足していただける施設にするため、私だけではなく、皆がチームとして機能することがなにより必要。個人の知識や技術は大事ですが、皆がチームとして役割を果たしていくことが目標です。まだまだ奮闘中ですが、何とか実現させたいですね。

梅津富士園はとても風通しの良い職場です。ご利用者様にリラックスしていただくために、いろいろな世代の職員が仲良く働いているので、ぜひフレンドリーな気持ちで入職してください。

Case03-河上 紗希

河上 紗希

お年寄りの役に立ちたい。
未経験から介護の世界へ。 

就活時には別業界の内定も頂いていたのですが、本当に自分のやりたい仕事は何かを考えた結果、辞退しました。私が福祉に目を向けたきっかけは、幼少の頃から祖父と祖母にとても大切にしてもらった経験からです。
祖父母のようなお年寄りのために何か役に立ちたいと思い、介護業界を志望するようになりました。梅津富士園は保育園が併設されているという珍しい施設です。子供とお年寄りとが触れ合える環境に魅力を感じました。

入社1年目で慣れないことが多いですが、ご利用者様から感謝の言葉を頂いたときは、やりがいを感じます。また、自分の仕事に対しての反応がすぐに返ってくるので、次に活かそうという意欲にもなります。ご利用者様ひとりひとりを理解して、快適に過ごしてもらえるように心がけています。

Case04-田中 舞

田中 舞

安心・快適のため、
幅広い視野で介護を捉える。 

事務では電話・来客対応、各書類作成、社会保険事務、会計処理から人事まで様々な業務に携わります。老人ホームで行事があれば、ご利用者様と触れ合う機会もあります。
また、介護保険の手続きや介護保険指定の監査など、役所関係とのやりとりは大切な仕事。
介護といえばお年寄りのことだけを考えがちですが、ご利用者様が安心・快適に過ごしていくには、いろいろな立場の方の協力が必要なんです。この仕事をしてからは、そうした幅広い視野で介護を考えることが大切だとわかりました。

梅津富士園は職員も含めると、保育園の小さいお子様から老人ホームのお年寄りまで、本当に全ての世代が集まっている複合施設です。職員は皆仲が良くて、働きやすい職場です。お年寄りや子供が好きな方はやりがいを感じていただけると思います。